忍者ブログ
万葉歌手、辻友子のブログへようこそ! http://tomoko.ciao.jp
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
本日、木村氏より、師匠 藤岡宣男のお母様の

訃報をお聞きしました。


母と子二人の、人生の中で、大変出来の良い

一人息子を、先に亡くされた、藤岡さんのお母様・・・

痴呆症状が、その前から少し始まっていたとは言え、

あまりにも苛酷な一人息子の死と言う試練に

心が耐え切れなかったのでしょう。


あっという間に、痴呆が進み、藤岡さんが

亡くなった事も、一週間で忘れてしまったお母様・・・

あまりの痛々しい姿に、私は、ある意味痴呆になったことで

ほっとしていました。


それから、ずっとホームでお過ごしなり、時々、会いに行って

おりました。


死に目には、お会い出来ませんでしたが、

きっと安らかに、逝かれたことと思います。

笑顔で、藤岡さんが迎えに来ていらっしゃった事でしょう。

「宣男ちゃん」と、いつまでも、呼んでいらしたお母様の

声が思いだされます。


やっと、藤岡さんと一緒に楽しく暮らせますね・・・

何の心配もなく・・・

拍手[1回]

PR
本日は、「師匠 藤岡宣男」の命日である。

しつこいようだが、9月25日に藤岡宣男は

この世から旅立っていった。


そして、その日は、私の誕生日であった。


藤岡さんと、近しかった方々と、追悼のコンサートを

開催した。

私は、久しぶりに、ギター伴奏で、

「浜千鳥」「黄昏ビギン」「水色のワルツ」を歌った。

気になることは、いつの舞台も多々あるが、

心は気持ち良く歌わせていただいた。



藤岡さんは聴いてくれているかな??

届いているかな??


久しぶりに、藤岡さんの

宗教曲「マタイ受難曲」より、アルトソロ

そして、これまた絶品のア・カペラ

「うぐひす」と「月の砂漠」

どこまでも広がっていく、切ない歌声・・・


最後は、オリジナル曲の

「ビューティフル・ドリーム」

そして・・・「逢いたくて」


淡々と、静かに、多くの言葉を

交わすことも無く・・・・

味わい深い、

藤岡宣男 八年祭が、終わった。

拍手[1回]

明日、9月25日は、

私の人生を、その美しい歌声によって

大きく変えた、「師匠 藤岡宣男」の命日であり、

私の誕生日である。

私の誕生日など、この年になって祝ってもらう

気持ちも無いが、その日が、

「師匠 藤岡宣男」が、この世を旅立った日になった時、

私にとって、かけがえの無い一日となった。


丸八年を迎える。


八年の間に、様々な事があった・・・・

これからも、あるのだろう・・・・


「師匠 藤岡宣男」の歌声が

私の「初心」である。

「初心忘るべからず」

いや、この「初心」を忘れることは

到底できないだろう・・・・


今、在ることに、心から感謝しています。

藤岡さん、ありがとう!!

拍手[0回]

藤岡さんが亡くなる前のころ、毎日具合が悪いと、いっていた。

藤岡氏をプロデュースしている、木村氏は、それを、聞いていて

辛いといっていた。毎日、毎日藤岡が辛いと言うんだよね。


私は、今同じことを家族や木村氏に言っている。

具合が悪い・・・それは、酷い時は寝込むほどだが、

みかけでは良くわからないけれど、具合が悪いのである。


私は、体質的に、人の気や場の気を、モロに受けてしまう。

だから、具合が悪くなることが多い。

ある人から、良くも悪くもアンテナが高いんだね、といわれた。

アーティストの友人である。アーティスト同士だと、気や感などが

分かって貰えるから気が楽なんだけど・・・それでもどうしようもない

事実である。

体質だからといって聞かせるけれど、嫌になってしまう。でも、だからこそ

芸術に対して、敏感で居られる・・・・。

芸で舞台人として立つことを選んでしまった私は、

具合は悪いけれど、感性としては、役に立つのだ。

拍手[1回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辻友子
性別:
女性
自己紹介:
万葉を歌う歌手、辻友子のブログ。くわしくはホームページを!
Copyright © 万葉歌手辻友子 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]