忍者ブログ
万葉歌手、辻友子のブログへようこそ! http://tomoko.ciao.jp
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
★ あさみどり いとよりかけて しらつゆを

   たまにもぬける はるのやなぎか

★新芽をつけた緑の糸を垂らして、まるで白露の玉を

 抜いたように、散りばめている、そんな春の柳である。

       27 僧正遍昭(そうじゃうへんぜう)

拍手[0回]

PR
★たちばなの みをりのさとに ちちをおきて

   みちのながちは ゆきかてぬかも

★橘の美袁利の里に、父を置いたまま、この長い道は

 とても行きかねます。

    巻20-4341 丈部足麻呂(はせつかべたりまろ)

拍手[0回]

★あおやぎの いとよりかくる はるしもぞ

   みだれてはなの ほころびにける

★ 柳は青々として、糸をよって布を織っているような

  春であることです。桜は風に乱れて、つぼみが

  ほころんでいる。

          貫之

拍手[0回]

★ とちははえ いはひてまたね つくしなる

    みづくしらたま  とりてくまでに

★ 父母よ、身を慎んで待っていて欲しい。筑紫の

  水中になる白玉を取って帰って来るまでは

       巻20-4340 川原虫麻呂

父母→とちはは→訛り、非仙覚系諸本に従う

拍手[1回]

★ わがせこが ころもはるさめ ふるごとに

    のべのみどりぞ いろまさりける

★ 冬が過ぎて、夫の冬着の洗い張りをする季節。時々

  春雨が降る。そのたびごとに、野辺の緑がひときわ

  色を深めてゆく

                貫之

春になると冬の着物を、洗い張りして、仕立て直す。妻の

役目である。「洗い張り」の「張り」と「春」を掛けている。

拍手[0回]

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辻友子
性別:
女性
自己紹介:
万葉を歌う歌手、辻友子のブログ。くわしくはホームページを!
Copyright © 万葉歌手辻友子 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]