忍者ブログ
万葉歌手、辻友子のブログへようこそ! http://tomoko.ciao.jp
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
★ いろよりも かこそあはれと おもほゆれ

    たがそでふれし やどのうめぞも

★ 真っ盛りの梅の花より、香りがみごとだと思われます。

  どんなお方の袖が触れていったのでしょう。我が家の

  梅に・・・

     33  題知らず よみ人しらず

 昔は、男女の区別なしに、着物にお香を焚いていました。

拍手[0回]

PR
やっと、12月らしく冷え込んでまいりました。

でも、寒いのは苦手です・・・が、この季節になると

家族全員が待っている、白菜漬けを漬けねばなりません。

今年は、次女が、珍しく1月にスイスより帰国します。

その時に、食べさせてあげたい。

いつも帰国するのは、真夏なので、

水炊きやら、

お手製のぬか漬けやら

がめ煮やら、自然薯のとろろ汁やら、

色々食べさせてあげたい。

もう少し、冷え込んでくると、白菜漬けも、甘みも加わり

美味しく仕上がります。

楽しみ~

拍手[0回]

★ おりつれば そでこそにほへ むめのはな

     ありとやここに うぐひすのなく

★ 題しらず

   梅の花を折ってきた私の袖に、梅の花の香が

   漂う・・・鶯は梅の花があると思うのだろうか・・

   私の傍らまで来て鳴いていることよ

               よみ人知らず

拍手[0回]

全員が、向こうから呼んだ人かと思ったら、4名だけ・・・

少しがっかり、

でも、最初のオーケストラを聞いて、おお!中々良いではないの

と、感心して聞いていた。ジャン=リュック・タンゴーという人

指揮でした。

カルメンはジンジャー・コスター=ジャクソン

若手で、初めて聞きました。

ミカエラは砂川涼子さん、中音部はとてもよく響く声で、ジンジャーに、劣らず

良く響いていましたが、やはり、高音部が、外国人のように

細く響き天に突き抜けるような感じがでない、そこが残念でしたが

奮闘されていました。

後、成田眞さんという、バス・バリトンの方もよく響いていい声でした

いまいちな人も、外国人にも、日本人にもいたけれど、それは、省略

年に一回、スイスの娘の所に行くと、必ずどこかの国のオペラを聞きに行くのですが

やはり、通常のレベルが高い。

後、オペラハウスがどこもとても素敵、

日本人がオペラで西洋に到達するのはまだまだかな・・・と言う印象でした。

拍手[0回]

★はるがすみ たつをみすてて ゆくかりは

   はななきさとに すみやならへる

★春霞が立って、よい季節になったのに、それを見捨てて北国へ

 帰ってしまう雁は、花の咲かない里に、住む癖がついているのだろうか

        帰雁(かへるかり)をよめる    伊勢

拍手[0回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辻友子
性別:
女性
自己紹介:
万葉を歌う歌手、辻友子のブログ。くわしくはホームページを!
Copyright © 万葉歌手辻友子 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]